本文へ移動

ブログ

スタッフ紹介

社長 中禮 雅治
社長
中禮 雅治
中禮 和子
ひみつ
中禮 和子
常務 吉川 晃
常務
吉川 晃
助っ人 ナッツ君
パート
江畑 綾乃
助っ人 ナッツ君
 
 
助っ人
ナッツ君

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

3月に…

2012-03-09
今年は梅の開花も遅かったですね〜

沈丁花の花の香りが本格的な春の到来を演出し…鶯たちもしっかり「ホーホケキョ」って鳴ける様になりました。(笑)

茶畑も新芽が(#^.^#)を出し…農家の方々はこれからの防霜管理も怠りなくしなければなりません。

4月になり桜の花が散る頃から本格的な新茶のシーズンに移行する予定ですが…

残りわずかな3月を満喫しますよ〜

3月23日〜25日は、福島県へアンサンブルコンクールの全国大会に行って来ます




鹿児島オペラ協会40周年記念公演

2012-03-01
2012年3月3日(土)18:00/18:30開演
     3月4日(日)13:30/14:00開演  
歌劇 ミスター・シンデレラ
宝山ホール

鹿児島県で活躍されている音楽関係者の中でも、オペラ協会の会員の人達による本格オペラです。
男2名女2名の三角関係を面白く描いたドタバタ喜劇…最後には感動の涙が…楽しみです!!

今月はアンサンブルコンクールの全国大会があり、その中のメンバー数人がオペラ公演にも参加されておりますので、見に行きます!!

皆さんの直向さやエネルギーを分けてもらいたいです

英語、フランス語、イタリア語の曲を只今練習中(コンクール)




お茶に秘められたパワー!

2012-02-17
緑茶の特徴に…旨み…があります。

緑茶には、カテキン、カフェイン、アミノ酸の3大成分がありますが、旨みを担当するのはアミノ酸です。

一般的に…玉露、抹茶、上級煎茶など、高級緑茶に多く含まれているようです。一番茶に多く含まれ、二、三番茶は苦渋味が強くなり旨みは薄くなる傾向です。

お茶は一番茶ですね〜!!

アミノ酸の中でも最も含有率の高いのがテアニン(約50%)で、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン…の順…

なんかドリンク剤の成分にありそうなカタカナですが、テアニンは緑茶特有の旨み成分だそうです。

テアニン…精神リラックス、抗がん剤の効果増強、アルツハイマー予防…素晴しいです

実験好きな方が…高級緑茶の旨み成分のみを純粋に調合してみました…はたして…不味かったそうです。緑茶の成分の旨み成分で無い物がバランスをとり、人が美味しいと感じるのかも知れません。(笑)

クリームパンのクリームだけ食べるより、パンと食べた方が美味しいのと似ていますね〜


お茶の特徴に…苦味…があります。

お茶、コーヒー、カカオ、マテなどの嗜好品飲料に含まれています…カフェイン

「眠気覚まし」
まさに人体では中枢神経に作用し、眠気防止、強心、利尿、脂肪代謝促進!!

茶祖「栄西」さんが記した著「喫茶養生記」に…茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり…

茶は健康維持の特別な薬であり寿命を延ばしてくれるもの…人間の五臓のうち心臓が最も大切で、その心臓を養うのが苦味なのだそうです。茶の苦味は心身を爽快にして心臓を整え万病を除くことが出来る。

成人病が騒がれだした時代、お茶の存在が軽視された様に見えてなりません。普通の食生活にお茶!!です。







お茶に秘められたパワー!!

2012-02-10
スーパー緑黄色食品:お茶

何故、数千年の歴史があるのか…
お茶を飲まないでも死ぬ訳でもない…
でも、何気にお茶を飲んでいる…
なんとなく身体の調子が良い…

お茶の水溶性成分(水に溶ける部分)…20〜30%
お茶の不溶性成分(ザックリ茶殻)…70〜80%
カテキン類(渋味)
カフェイン(苦味)
アミノ酸類(旨み)
各種ビタミン(C、B、A、E)
フラボノイド
微量金属、食物繊維、サポニン

今回は、ポリフェノールの一種であるカテキン類のパワーを紹介します。
 
  • 抗酸化(ラジカル消去、LDL酸化防止)
  • 抗突然変異、抗腫瘍
  • 抗がん転移
  • 血中コレステロール上昇抑制
  • 血圧上昇抑制
  • 血糖低下
  • 血小板凝集抑制
  • 抗菌(食中毒菌、О-157、白癬菌)
  • 虫歯予防
  • 抗ウイルス(インフルエンザ、エイズ)
  • 腸内細菌叢改善
  • 抗アレルギー
  • 消臭
  • 脂質代謝改善

これは、あくまでもお茶のカテキンパワーです。薬の様に激しく作用しません。が、自然の食生活で穏やかに守ってくれていたのです。自然の恵みですね〜


江戸時代に記された「農業全書」

2012-01-31
近世農書の基幹で農業生産力の発展に大きく貢献…宮崎安貞 著「農業全書」1697年

安芸国広島藩士、宮崎儀右衛門の二男1623年生まれ
25歳の時筑前国に至り黒田忠之に仕えて禄200石を給せられた。
35歳頃、官を辞して土着の農耕生活を送る。
農業の改良、農民生活の充実の為、諸国を遍歴して先進地農業、老農から知識を取得し、中国の農書を元にわかり易く書いている。

お茶についても…種の収穫から、茶園の選定(相応しい土地)、製造方法いろいろ、書いてありました。面白いですよ〜

当時の銘茶の産地「山城三国」は、土地は赤土で石が多く風や霜の強い日陰の地!!つまり、お茶は本来日当たりを好まない!なんです。霧深い山間の斜面などは良質なお茶の産地になるのですね〜。

中国の「茶経」には、お茶は5番摘みまでの記載があり、それぞれ呼び名が違います。「茶」とは1番茶の物に限り、2番茶以降は品質が劣りいちいち名を挙げるに及ばない!だって〜!!

製法も、蒸し製や、湯引き製、釜炒りと今の原型が見られます。蒸し製は抹茶の原料で、湯引きタイプは庶民が飲む番茶になる様です。釜の湯の中に木灰を入れて製造すると、お茶の緑が鮮やかになるらしい(笑)

当時のお茶を飲みたいですぅ〜
人間の効率優先の最先端技術もそれはそれで素晴しい進化を遂げていますが、作物の生理現象の良さを引き出す様な作り!

想像しながら…




1配送先につきまして
10,800円(税込)以上で
突風 送料無料

株式会社三州園
鹿児島県

鹿児島市紫原6丁目46-25
TEL.099-257-3646
FAX.099-258-6429


0
0
4
2
2
5
TOPへ戻る